メインコンテンツにスキップ
2024 年 8 月 2 日まで、ほとんどのモデルで非常にお得な価格を提供しています。 詳細については 、ここ をクリックしてください。
ホーム  /  仕組み  /  アプリケーション  /  プラスチックマーキング
レーザーの用途

レーザーによるアクリルの切断

鋳造および押し出しアクリルを切断および彫刻するためのレーザーカッター

アクリルのカッティングにレーザーを用いる理由

アクリルのレーザー切断は、高品質の結果が得られるため、Epilog レーザー加工機で非常に人気のあるアプリケーションです。

使用しているアクリルの種類に応じて、レーザーカット時に滑らかな炎研磨されたエッジを生成でき、レーザー彫刻すると明るく冷ややかな白い彫刻を生成することもできます。

アクリルの種類 – キャストアクリルと押し出しアクリル

アクリルをレーザー加工し始める前に、このレーザーに対応するアクリル素材の種類を理解することが重要です。レーザー加工に適したアクリル板には、「キャスト」と「押し出し」の2種類があります。

キャスト アクリル製の板や物体は液体アクリル樹脂を様々な形やサイズに加工できる鋳型に流し込んで作られています。これは、お客様が市場で見る賞品のほとんどに使用されるアクリルのタイプです。キャストアクリルは、彫刻すると冷ややかな白色に変わるため、彫刻に最適です。キャストアクリルはレーザーでカットできますが、フレームポリッシュされたエッジにはなりません。このアクリル素材は彫刻に適しています。

もう一つの製造方法は押し出しアクリルと呼ばれており、看板や販促品の製作に多く使用されているレーザー加工素材です。押し出しアクリルは、大量生産技術によって形成されます。そのため、通常はキャストアクリルよりも安価であり、レーザービームとの反応が大きく異なります。押し出しアクリルはきれいに滑らかにカットされ、レーザーカットすると火炎研磨された断面になりますが、つや消し加工風ではなく、クリアな彫刻具合になります。

レーザーによるアクリルの切断

押し出しアクリルを切断するときに最良の結果を得るには、切断テーブルに触れないように材料を持ち上げる必要があります。これにより、裏面反射とレーザーカット後の材料上のグリッドマークの発生が大幅に減少します。

レーザー加工で木材やアクリル板からスタンドオフを作ることで、廃材やアクリル素材を使って、押し出し製法で完璧に仕上げることができます。スタンドオフを作成したり、他のテクニックを使用すると、アクリルを持ち上げてアクリル製作の品質を最高峰まで高めることができます。 

アクリルの厚さはどれくらいですか?

これは、レーザーカッターのワット数によって異なります。

30ワットまたは40ワットのEpilog Laserシステムでは、最大1/4インチ(6mm)のアクリルを切断することができます。ワット数を増やすと、レーザーカットできるアクリルの厚さを増やすことができます。50ワットまたは60ワットのマシンでは、アクリルの9.5mm近くをカットできます。120ワットのシステムでは、1回のパスで12.7mmから、または2回のパスで25.4mmに近づけることができます。

アクリルからテキストをレーザーカット

アクリルからテキストをレーザーカット

アクリルからレーザーカットされたテキスト

アクリルからレーザーカットされたテキスト

アクリルからグラフィックをレーザーカット

アクリルからグラフィックをレーザーカット

レーザー切断速度

アクリルの切断は、通常、比較的遅い速度と高出力で最もよく達成されます。この切断プロセスでは、レーザービームがアクリルのエッジを溶かし、本質的に炎磨きエッジを生成することができます。

今日、さまざまな色、質感、パターンを特徴とするさまざまなキャストアクリルと押し出しアクリルの両方を製造するアクリルメーカーがいくつかあります。非常に多様なので、アクリルがレーザーカットと彫刻に非常に人気のある素材であるのも不思議ではありません。

レーザー彫刻アクリル

ほとんどの場合、レーザーユーザーは背面にアクリルを彫刻して、前面からのルックスルー効果を生み出します。これはアクリル賞でよく見られます。

アクリルシートには通常、傷がつかないように前面と背面に保護粘着フィルムが付いています。彫刻する前にアクリルの裏側から保護粘着紙を取り除き、材料の取り扱い中に傷がつかないように前面に保護カバー層を残すことをお勧めします。裏面を彫刻するので、仕事をレーザーに送る前にアートワークを反転またはミラーリングすることを忘れないでください。

アクリルは、一般的に高速かつ低出力でよく彫刻します。それはアクリルをマークするために多くのレーザーパワーを必要とすることはありませんし、パワーが高すぎる場合は、材料にいくつかの歪みができることに気づくでしょう。

レーザーで彫刻した透明アクリル製の Audi の賞品 (土台付き)

アクリルを彫刻した賞品

アクリルシートのレーザー彫刻

アクリルシートのレーザー彫刻

レーザー彫刻されたアクリルシートからマスキングを取り除く

アクリルからグラフィックをレーザーカット

一般的なレーザー加工のヒント

アクリル用

  1. アクリルで作業するときは、機械を放置しないでください。多くの材料は点火の影響を受けやすいですが、アクリル - すべての異なるフォームで - レーザーで切断したときに特に可燃性であることが示されています。原則として、あなたがいない場合は、いかなる材料を使用してもレーザーを実行しないでください。

  2. 用途に適したタイプのアクリルを選択してください。キャストアクリルは彫刻に適していますが、押し出しアクリルはレーザー切断に適していることを忘れないでください。

  3. Epilogのピンテーブルまたはその他のサポートを使用してアクリルを持ち上げ 、裏面の反射を排除します。

どのような種類のアクリルプロジェクトを作成できますか?

アクリルは、レーザー加工用の耐久性と実用的な材料です。さまざまな色と質感により、この素材はあらゆる種類のものに最適です。

  • 購入ポイントサイネージ
  • 方向標識
  • イヤリング/ペンダント/ボタン
  • コンテナ/ボックス
  • ケーキ/カップケーキトッパー
  • カスタムアワード
  • クリスマスオーナメント
  • その他いろいろ

主なアクリルサプライヤーは誰ですか?

あなたは材料のサプライヤーの数から鋳造と押し出されたアクリルを入手することができます。一般的なソースを次に引き出します:

インダストリーリンクのリストで、より多くの材料サプライヤーをご覧ください。

彫刻は簡単です!

任意のグラフィックソフトウェアからレーザーに印刷

オフィスのプリンターに似ているレーザーマシン。そのプロセスはシンプルです。Epilog の切断や彫刻は簡単な3つのステップを踏むだけです。デザインを選んで出力し、素材に合わせた速度と出力値を設定して、GOを押すだけ!

アートワークのセットアップ

お気に入りのソフトでデザインできます

素材の設定

材料ごとに速度とパワーを割り当てる

彫刻を始めましょう!

ジョブをレーザーに送信し、実行を押します!

サンプル クラブ

ステップバイステップの説明書と無料グラフィックスファイルで、毎月新しいプロジェクト情報が得られます。
レーザー彫刻されたミニチュアの野球バット

アクリルのレーザー切断と彫刻に最適な機械はどれですか?

アクリルプロジェクトの範囲が何であれ、Epilog Laser には、エントリーレベルのシステムから最高級のマシンまで、お客様のニーズに合ったマシンがあります。
  • Fusion Maker 12レーザーマシン

    Fusion Maker 12

    スターター シリーズ
    作業域

    24 インチ x 12 インチ
    (610 x 305ミリメートル)

    タイプ

    一酸化炭素2

    ワット数

    30-40

    Epilogのレーザーラインナップの最新であるFusion Makerは、エントリーレベルの愛好家や中小企業の経営者向けに設計されました。コンパクトなシステムに最大60IPSの刻印速度と人気のIRISカメラシステムを備えています。
  • エピローグメーカー24レーザー加工機

    FUSION MAKER 24

    スターター シリーズ
    作業域

    24 インチ x 24 インチ
    (610 x 610ミリメートル)

    タイプ

    一酸化炭素2

    ワット数

    40

    24インチ x 24インチの彫刻テーブルを備え、40ワットの構成で利用できるFusion Maker 24は、より大きな彫刻テーブルとより大きなプロジェクトに取り組むためのより多くのzクリアランスをユーザーに提供します。
  • エピローグメーカー36レーザー加工機

    Fusion Maker 36

    スターター シリーズ
    作業域

    36 インチ x 24 インチ
    (915 x 610ミリメートル)

    タイプ

    一酸化炭素2

    ワット数

    40-50

    フュージョンメーカーレーザーシリーズで最大のフュージョンメーカー36は、36インチ x 24インチのワークスペースと50ワットと60ワットの構成オプションを備えています。すべてのフュージョンメーカーシステムには、IRISカメラシステムと毎秒60インチの彫刻速度が含まれています。
  • fusion edge 12 レーザー マシン

    Fusion Edge 12

    ビジネスシリーズ
    作業域

    24 インチ x 12 インチ
    (610 x 305ミリメートル)

    タイプ

    CO2, ファイバー

    ワット数

    30-60

    当社のコンパクトなレーザーシステムは、いくつかのワット数構成で利用可能で、最大120 IPS/3.05を備えていますm/sの刻印速度が特徴です。ファイバーレーザー光源でも使用可能です。
  • Fusion Edge 24 レーザー マシン

    Fusion Edge 24

    ビジネスシリーズ
    作業域

    24 インチ x 24 インチ
    (610 x 610ミリメートル)

    タイプ

    一酸化炭素2

    ワット数

    50-60

    Epilog社のIRISカメラシステムを搭載した中型システム。
  • Fusion Edge 36 レーザー マシン

    Fusion Edge 36

    ビジネスシリーズ
    作業域

    36 インチ x 24 インチ
    (914 x 610ミリメートル)

    タイプ

    一酸化炭素2

    ワット数

    60-100

    Fusion Edgeシリーズ最大のシステムであるEdge 36は、36インチ x 24インチ(914 x 610 mm)の彫刻テーブルを備え、30、40、50、60、80ワットのCO2構成です。Edge 36は120 IPS/3.05 m/sの彫刻スピードがあり、レーザーをネットワークに接続するためのオプションとして、イーサネット、USB、ワイヤレスが内蔵されています。
  • Fusion pro レーザー マシン

    Fusion Pro 24

    産業シリーズ
    作業域

    24 インチ x 24 インチ
    (610 x 610ミリメートル)

    タイプ

    CO2, ファイバー製, デュアル

    ワット数

    30-100

    産業用 Fusion Pro レーザーシリーズ最小機種の Pro 24 には、60 と 100 ワットがあり、CO2 とファイバーレーザー両方の機能を持つデュアルソースシステムとして構成することが可能です。
  • Fusion pro レーザー マシン

    Fusion Pro 36

    産業シリーズ
    作業域

    36 インチ x 24 インチ
    (914 x 610ミリメートル)

    タイプ

    CO2, デュアル

    ワット数

    30-120

    Fusion Pro レーザーシリーズの他のシステムと同様に、Pro 36 にも Epilog の IRIS カメラシステムが搭載され、彫刻速度は最大 165 インチ/秒(4.2 m/s)です。
  • Fusion pro レーザー マシン

    Fusion Pro 48

    産業シリーズ
    作業域

    48 インチ x 36 インチ
    (1219 x 914ミリメートル)

    タイプ

    CO2, デュアル

    ワット数

    50-120

    Fusion Pro 最大の産業用システムで、80、100、120 ワットの構成があり、デュアルソースシステムとして使用でき、内蔵イーサネット、USB またはワイヤレスでネットワークに接続できます。